愛してる、と思う。  たぶん。

アクセスカウンタ

zoom RSS 『人間ぎらい』

<<   作成日時 : 2007/06/18 00:46   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

モリエール作、内藤あろう訳の、『人間ぎらい』という戯曲を読みました。

バイト場の駅に、自由に本が借りられて、読んだら返すという、図書館があります。良心市みたいな?
電車の移動中に時間があるので、
短いし、聞いたことあるなモリエールって、読んだことないけど。
と思い立ち拝借いたしました。

これがえらい面白かった!
なんか侯爵とか出てくるし日本訳したのも50年以上前だのに、現代劇にもできそうな。
普遍的かつ今の時代にリアル。


とゆのは、
主人公は持って生まれた一本気。
よく言えば世間知らずの純真な青年、
悪く言えば弱い性格にかかわらず自分ひとりを高しがち。
(後書きより拝借っ)

「人間は人間でありたいのだ。
どんな場合も心の奥底をぼくの言葉に表したい。心=言葉でありたい」
(私的脚色アリ)

いたしかたなく主人公に共感してしまう私デス。

しかしこれは喜劇!

一本気な主人公も、
他におもねる貴族たちも、
両方が滑稽で極端で馬鹿らしい。


自分らしくありたいなんて、正直とバカ正直の大いなる差。

突き詰めていえば、人におもねる物腰と、雅量をもって人に対する態度とのあいだに、さしてけじめをおかないほどの潔癖。
とは内藤あろうさんの解説。

自分が自分であるのは一人よがりになりがちで、
嘘をつくのも人間なら、
嘘を寛容に受け入れるのも人間。

自分に正しいというのは自分だけに正しいのではあかず、
自分にも他人にも正しくありたいと
心の器の理想を描いたり。


明後日は、同級生に会いに行く。
二人きりで話したことはなく、そもそも話したことがそんなにない。
でも話してみたくてアプローチ。
彼はきっとこれからどんどん有名になって
遠い人になってしまう可能性があるので、
たくさんたくさん話してみたい触れてみたい。

そんなふうに他人に相対していくことを続けよう。

中国語で、
〜になる、とは他動詞である、
だったかな?
まわりがあってこそ自分がある。ハイ。

今日もバイトだから、
いろんな人と話そうっと。




テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
『人間ぎらい』 愛してる、と思う。  たぶん。/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる