愛してる、と思う。  たぶん。

アクセスカウンタ

zoom RSS おじいちゃんが死んだとき。

<<   作成日時 : 2007/05/20 23:27   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 3

いつか授業でつくった短歌が出てきました。




 もう来るな

 帰って勉強せよと言う

 動けぬ祖父を

 病室に残し





そしてそして、
おじいちゃんは私の高校の説明会のときに死んでしまいました。
癌。
説明会で、母の携帯に電話がかかってきて、母が先に何も言わず帰って。
あたしはそのまま翌日の遠足のお菓子を買いに行って。
家に帰ったら、もう死んでました。
「おじいちゃん待ってたのに」
と言われ。
あたしが遠足のお菓子など買わなければ、
会えたかもしれなかったです。

通夜でも葬式でも、泣けませんでした。

そしてあたしは勉強して、説明会に行った進学校に入学しました。


まあもういいのです。

でも、なんだか、思い出しても思い出しても
思い出し足りない思い出です。



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(3件)

内 容 ニックネーム/日時
こいうときって
やるせないですね

なくなられたおじいちゃんのからだはやかれても
たましいはやかれないのですから

いつか
ずうーっと ずうーっとあとで
おじいちゃんとおあいできるときに
こころのにっきちょうにかきのこしてあるおもいを
きっとおはなしされるでしょうね

そしてそのとき
やるせないおもいがむしょうされるとおもいます

おじいちゃんからあいされていたんですね!
はっぴー
2007/05/21 09:00
もう来るな・・・この一言でおじいさんの優しさが伝わってきますね。
病に伏している患者さんの声をいっぱい聞いてますから、この言葉が胸に響きます。
ケロッピー
2007/05/21 22:06
愛するって、こういうことかもしれないね。
自ら(みずから)するのではなくて、自ずから(おのずから)してしまうもの・・・。
ロゴス
2007/05/22 00:05

コメントする help

ニックネーム
本 文
おじいちゃんが死んだとき。 愛してる、と思う。  たぶん。/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる